メニュー

東京都多摩市 トイレつまり除去作業 - 水のパトロール部隊

TEL:0120-961-716

お問い合わせはこちら

【07月31日 20時51分】お電話,メール即対応!コロナ対策実施中!

水のパトロール部隊|水漏れ・詰まり・水道修理トラブルはお任せください

 365日24時間対応

 image.png

【07月31日 20時51分】お電話,メール即対応!コロナ対策実施中!

ミズパトブログ

東京都多摩市 トイレつまり除去作業

カテゴリ: トイレ 作成日:2021年03月22日(月)

東京都多摩市にてトイレつまり除去作業をご依頼いただきました。

 

築10年〜15年くらいのお家で今までに何度か詰まったことがあるとのことでした。

 

調査したところ下水枡・排水管の陥没等が見られ外での故障がトイレ詰まりを生じさせた事という事がわかりました。

 

陥没による勾配不良を直すためには、排水管部分の掘削を行い再度新しい排水管を新設しなければなりません。

 

本日は、応急的に使えるようにというご要望をいただきましたので、

 

高圧洗浄機を使用し、一時的に水が流れるようにしました。

 

後日、排水管の一部引き直し工事をする予定です。


東京都多摩市でのトイレトラブルでお伺いする事が近頃多発しております。

そこで多摩市について調べてみました。

 

まずはお住まいの人口などを記載します。

 

多摩市は大きく世帯数も約68,000世帯有るそうです。

 

以下(ウィキペディア一部抜粋)

2014年版『統計たま』によると、多摩市2014年時点の人口は147,593人、世帯数は68,521世帯。

  • 人口:147,593人
  • 世帯数:68,521世帯
  • 世帯人員:2.15人

 

市制施行前年の1970年の人口は25,105人で、多摩ニュータウンの入居開始以降急増し、1983年に10万人台、1991年に14万人台に達し、これ以降ほぼ横ばいであるそうです。

2003年の住宅・土地統計調査で多摩市は空き家率8.6%と空き家の発生は少なく(東京都50区市中4番目に低い)、新規住宅供給量に対して需要が追い付いていることから、世帯数は増加を続けています。

 

2011年の多摩市の人口想定では、人口のピークとなる2026年まで横ばいから微増し、それ以降人口の減少が始まるとされています。

2031年までの高齢化率の推移の想定もされており、多摩市の高齢化率は2015年頃に日本の高齢化率とほぼ等しくなって以降は、日本の高齢化率に前後する形で推移するとみられているようです。

 

今後の高齢化が進むのと同時に建物の老朽化も増加していくことが考えられます。


 

水回りの錆・パッキンなどの劣化は避けられません。

 

簡単に直るトイレつまりだと思わず専門業者にみてもらうことを推奨します。

 

トイレの詰まりも簡単な手直しで済むこともあれば、排水管の工事になることもあります。

 

原因もたくさんの事例があります。

 

  • 物を落とした
  • ペーパーを流しすぎた
  • 水の流れが悪い
  • ゴボゴボ音がする
  • 逆流して溢れてくる事がある

 

 等々

 

物を落とした事例だけでも、何を落としたかによって施工方法も変わってきます。

 

  • 便器を外す必要があるのか?
  • 外さなくても撤去する事ができるのか?

 

トイレのつまりは簡単に直ると思う方も多いのですが、プロから見ても奥が深く直すのが難しいことも多々あります。

 

適切な工具・経験(技術)がかなり重要となっています。

トイレが詰まった際は極力業者を手配することをお勧めします。

 

トイレのつまり・トイレ故障などトイレトラブルなら水のパトロール部隊まで!

 

水漏れ・つまり・水道トラブルなら水のパトロール部隊まで!

HP:https://mizupato.com

TEL:0120−961−716

担当 小池

 

 

Copyright © 水のパトロール部隊 All Rights Reserved. login

tel:0120-961-716お問い合わせ